シミ除去法 肝斑(かんぱん)

2009年8月17日 10:44 | コメント(0) | トラックバック(0)

しみ・そばかすなどのメラニン色素を抑えるボタン ナチュラルフェイスBBクリーム 50ml

 

シミ除去法は様々ありますが、シミの種類によって除去法にも向き不向きがあります。
できたシミのタイプを把握して、適切なシミ除去法を選ぶことによってシミをなくすことができます。
シミの代表選手といえば肝斑(かんぱん)です。これは年齢を重ねた女性の頬に現れるシミで左右対称になっているのが特徴です。
肝斑は女性ホルモンのバランスが深く関係しているシミで、妊娠・出産などで現れたりします。
肝斑は紫外線にさらされたり、肌トラブルなどで炎症を起こすことによってさらに悪化してしまうことがあります。
肝斑の対処法として一番はじめにするのは紫外線にさらされないようにすることです。
日焼け止め効果のあるクリーム塗り、これ以上紫外線の影響を受けないようにし、シミが悪化するのを防ぐ効果があります。
それに加えて内服薬を利用します。肝斑にとても効果のあるのでよく使われるのはトラネキサム酸です。
トラネキサム酸は歯槽膿漏の人の出血を緩和するために歯磨き剤に入っている成分ですが、美白効果が高いことからシミ除去にも取り入れられるようになりました。
しかし、トラネキサム酸には軽度の副作用があり、胃腸に症状が出ることが分かっています。
この薬は服用を止めてしまうとシミがまた目立つようになってしまうので、飲み続けることになります。

 半身浴でデトックスとダイエット  楽天市場への出店方法  青森産にんにくの自宅での育て方
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

シミ除去 冷え性が原因のシミ
お肌の再生にも血行障害は影響します。十分は栄養補給ができなければ健康的なお肌の再生は出来ず、シミとなって残ってしまい、シミ除去を考えるようになるのです。
シミ除去 老人性色素斑
老人性色素斑は、日焼けし続けることで痕が残ってしまいシミになった状態を言い、25歳位からでき始めるシミです。
シミ除去にLシステイン
年齢を重ねるほどにお肌がくすんでくる原因は体内で十分なLシステインを作ることができなくなったためだと言われています。
シミ除去に効果的な薬や化粧品
9つの成分が厚生労働省によって美白効果があるとお墨付きをもらっています。その成分とは、ビタミンC誘導体・アルブチン・トネキサム酸・カモミラET・ルシノール・t-AMCHA・リノール酸S・プラセンタエキス・エラグ酸で、聞き慣れた成分もあれば初めて聞く名前もあるのではないでしょうか。
シミ除去に有効な食品
ビタミンCは体内で様々な働きをすることが分かっていますが、その中に肌を健康な状態に整え、シミ・しわの改善とくすみをなくす働きが注目され、シミ除去にビタミンCを摂ることが勧められるのです。
シミ除去は食事改善と生活習慣の改善から
シミがある顔を毎日見るのは辛いことです。シミは生活習慣や食生活を変えることによって改善ができます。シミ除去に役立つ生活習慣と食生活について調べてみましょう。
シミ除去効果のある成分
シミ除去に役立つ成分、つまり美肌効果のある成分はいくつかあります。厚生労働省が認めた9つの成分のほかにも、美肌効果がある成分があります。
シミ除去法 肝斑(かんぱん)
シミの代表選手といえば肝斑(かんぱん)です。これは年齢を重ねた女性の頬に現れるシミで左右対称になっているのが特徴です。
レーザーでシミ除去
代表的なシミである肝斑(かんぱん)には効果はありませんが、その他のシミ除去にはレーザーが効果的です。
難しいと言われるシミ除去
シミを薄くしていくための内服薬やビタミンCのイオン導入、フォトフェイシャルなどと言った方法で治療をすすめていきますが、薄くできるだけで完全なシミ除去にはなりません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/2347

コメントする



このサイトを購読する